MENU
Abo
某SIer勤務。
新卒文系からエンジニア就職。
日々の学びをつらつらと書いています。
保有資格:
Salesforce認定アドミニストレーター  
Salesforce認定Platformデベロッパー
Salesforce認定上級Platformデベロッパー
カテゴリー
アーカイブ

【Salesforce】リストビューで複数行ソートする方法

今回はリストビューで「複数項目を使用してソート」する方法についてです。

リストビューは基本的に1項目でしかソートをかけることができません。

しかし、複数項目でソートをかけたい!そんな時もあるはず。

そんな時は数式項目を作成して対応します。

完成イメージ
目次

ソート用項目の作成

今回は取引先責任者リストビューを以下の3つの項目でソートしてみます。

  • 取引先名
  • 役職
  • 年齢

複数項目でソートする際は、それぞれの項目値を連結させる数式項目を作成します。

数式項目
  1. 戻り値のデータ型:テキスト(※連結させる項目のデータ型によっては数値)
  2. 以下の数式を追加
Account.Name &  
 CASE(Title, 
'係長', '10', 
'課長', '20',
'部長', '30',
'40')  & TEXT(Age__c)

3. 空白項目を空白として処理

上記の例では、ソートの評価の順番としては、「取引先名」>「役職」>「年齢」というようになります。

役職は選択リスト型の項目なので、CASE関数を使用して値によって数値を割り当てることでソート順を決定します。

例えば「ソート順」項目を昇順でソートした場合、「役職」の中でも「係長」が一番上に表示され、次いで「課長」、「部長」という順番になります。

リストビューに数式項目を表示

作成した「ソート」用項目をリストビューに表示し、ソートをかけます。

今回は昇順に設定しました。

まずは「取引先名」が評価されるので、取引先1が上に表示されます。

続いて「役職」ですが、CASE関数を使用して値ごとに数値を設定しているので、

取引先1の中で「係長」>「課長」>「部長」> その他の順で表示されていますね。

最後に「年齢」ですが、同じ部長という役職の中でも年齢が若いレコードが上に表示されています。

まとめ

今回はリストビューで「複数項目を使用してソート」する方法についてでした。

複数項目でソートする際は、対象項目の値を連結させた数式を作成します。

ただ、リストビュー上に表示させる必要があるので、ちょっと見た目不格好になってしまいますね。。。

今回は以上です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

某SIer勤務。
新卒文系からエンジニア就職。
日々の学びをつらつらと書いています。
保有資格:Salesforce認定アドミニストレーター
     Salesforce認定Platformデベロッパー
     Salesforce認定上級Platformデベロッパー

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次