MENU
Abo
某SIer勤務。
ITエンジニアです。
日々の学びをつらつらと書いています。
保有資格:
Salesforce認定アドミニストレーター  
Salesforce認定Platformデベロッパー
Salesforce認定上級Platformデベロッパー
カテゴリー
アーカイブ

【Salesforce】すぐにできる!商談クローズ時にChatter投稿をするフローの作成

商談がクローズした際に自動でChatter投稿をして、クローズしたことをユーザに知らせたい!

そのような場面では、フローを使ってChatterの自動投稿機能を実装するのがおすすめです。

簡単に作成でき、成約時と失注時で投稿文の切り替えも可能です。

ということで、今回はフローを使用したChatter自動投稿機能の作成方法を順を追って解説していきます。

目次

要件

今回は以下のような要件でフローを作成していきます。

要件
  • 商談がクローズした際に、その商談レコードに対し、商談所有者とそのマネージャをメンション先としてChatter投稿する。
  • 成約時と失注時で投稿文を変える。

フローの作成

設定 > フローから「新規フロー」を選択します。

レコードトリガフローを選択し、「作成」をクリックします。

Abo

レコードトリガフローでは、レコードが作成・更新・削除された際に起動するフローを作成できます。

以下のように値を設定します。

スクロールできます
オブジェク商談
フローをトリガーする条件レコードが作成または更新された
エントリ条件すべての条件に一致(AND)
・IsClosed 次の文字列に一致する True
更新されたレコードでフローを実行するタイミング条件の要件に一致するようにレコードを更新したときのみ
フローを最適化アクションと関連レコード

続いて、画面左にある[ツールボックス]から[新規リソース]をクリックします。

[リソース種別]に「数式」を選択後、以下のように値を設定し、[完了]をクリックします。

スクロールできます
リソース種別数式
API参照名ChatterBody1
データ型テキスト
数式IF(ISPICKVAL({!$Record.StageName}, ‘Closed Won’), ‘商談が成立しました。’, ‘商談が失注しました。’)
Abo

数式にすることによって商談フェーズの値に応じてChatter投稿文を切り替えることが可能です。

再度、[新規リソース]をクリックします。

[リソース種別]に「テキストテンプレート」を選択後、以下のように値を設定し、[完了]をクリックします。

スクロールできます
リソース種別テキストテンプレート
API参照名ChatterBody2
本文形式プレーンテキストとして表示
本文@[{!$Record.Owner.Id}] @[{!$Record.Owner.Manager.Id}]
{!ChatterBody1}

コネクト線の中央にある[要素を追加]をクリック後、[アクション]を選択します。

[アクション]の検索欄に「Chatter」と入力し、[Chatterに投稿]を選択します。

以下のように値を設定し、[完了]をクリックします。

スクロールできます
アクションChatterに投稿
表示ラベルChatter投稿
API参照名ChatterPost
メッセージ{!ChatterBody2}
対象名またはID{!$Record.Id}
Abo

本ケースでは、フロー起動元の商談レコードのフィードにChatter投稿するので[対象名またはID]に{!$Record.Id}を設定します。

補足

① [対象名または ID]には、投稿先となるフィードを指定します。

  • ユーザのフィードに投稿する場合には ユーザの Id もしくは ユーザ名を指定します。
  • Chatter グループに投稿する場合は グループの Id もしくは グループ名を指定します。
  • レコードに投稿する場合は レコードの Id を指定します。

② [ターゲット種別]は、[対象名または ID]でユーザ名もしくはChatterグループ名が指定されている場合に必須です。

  • ユーザ名が指定されている場合 → “User”
  • グループ名が指定されている場合 → “Group”

参考:アクション:chatterに投稿

最後に画面右上の「保存」をクリックし、フローに名前を付けて保存。その後[有効化]をクリックします。

設定は以上です。

おわりに

今回は、商談完了時のChatter自動投稿機能をフローを使用して実装してみました。

Chatter投稿文やメンション先がある程度決まっている場合は、自動投稿に切り替えた方がユーザの負担が少なくなりそうですね。

より複雑なロジックを組む場合は、ApexでのChatter投稿になるかなと。

おわりです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

某SIer勤務。
ITエンジニアです。
日々の学びをつらつらと書いています。
Certified Administrator
Certified Platform DeveloperⅠ
Certified Platform DeveloperⅡ
Certified Sales Cloud Consultant

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次