MENU
Abo
某SIer勤務。
ITエンジニアです。
日々の学びをつらつらと書いています。
保有資格:
Salesforce認定アドミニストレーター  
Salesforce認定Platformデベロッパー
Salesforce認定上級Platformデベロッパー
カテゴリー
アーカイブ

【Salesforce】3ステップで完了!SlackとSalesforceの連携方法を解説

今回はSalesforceとSlackの連携方法についてです。

最近の案件の中でSalesforceからSlackに通知を飛ばしたいといった要望が増えてきており、両者を接続する機会があったので備忘録も兼ねてまとめてみることにしました。

無理やり3ステップにまとめました。

ご参考程度に~。

目次

SlackとSalesforceの連携方法

STEP
Slackアプリケーションを有効化

設定からクイック検索で「Slack」と検索し、「Slackアプリケーション設定」を選択します。

「契約条件に同意」し、Slackアプリケーションを有効化します。

STEP
権限セットの作成と割り当て
Abo

Slack連携は権限セットで権限を与えないと実行できないようです。

「Slackアプリケーションとユーザー権限の割り当て」セクションで「権限に移動」をクリックします。

「新規」をクリックし、権限セットを新規作成します。

権限セットに名前を付けて「保存」します。

「システム権限」をクリックします。

「Salesforce を Slack に接続」にチェックをいれ、「保存」します。

「割り当ての管理」をクリックします。

「割り当てを追加」をクリック後、Slack連携の権限を付与したいユーザを選択し、権限を割り当てます。

STEP
Slackアプリケーションのインストールと接続
Abo

再度、「Slack アプリケーション設定」画面に戻って作業します。

続いて「Slackアプリケーションをインストール」セクションから「Salsforce for Slackの掲載に移動」をクリックします。

〇 Salesforce for Slack
SalesforceとSlackを広く統合したプラットフォームで、Salesforceのさまざまな機能やデータをSlack内で利用できるようにします。

〇 Sales Cloud for Slack
Sales CloudとSlackを統合したもので、特にセールスチームの活動を支援します。
セールス関連の機能やデータをSlack内で直接利用できるようにすることで、セールスプロセスの追跡、顧客情報の共有、セールス活動の管理をスムーズにします。

〇 Service Cloud for Slack
Service CloudとSlackを統合したものです。
顧客サポートチームがSlack内で顧客問い合わせやサポートチケットを効果的に管理できるようにします。
また、Slack内でのリアルタイムコミュニケーションを活用して、チーム全体で迅速に顧客の問題に対処します。

「確認」をクリックします。

「Slackに追加」をクリックします。

連携対象のSlackのワークスペースであることを右上の表示で確認し、「許可する」をクリックします。

Abo

ワークスペースが異なる場合は、変更しましょう。

「Connect」をクリック。

Sandboxと接続する場合は、「Would you rather connect to a sandbox?」をクリック。

Salesforceにログインします。

「Slack に Salesforce アカウントへのアクセスを許可することに同意します」チェックをいれ、「許可」をクリックします。

接続完了の表示が出れば、設定は完了です。

接続完了メールも届きます。

接続が失敗する場合は、先ほど作成した権限セットが接続実行ユーザに割り当たっていることを確認してください。

STEP
接続の確認

接続が完了するとSlackのアプリケーションに「Salesforce for Slack」が追加されます。

「Salesforce for Slack」をクリックし、「組織の接続を管理」をクリックします。

「現在の組織」に接続対象のSalesforce組織が表示されていることを確認します。

おわりに

今回はSalesforceとSlackの連携方法についてまとめてみました。

Slack連携ができるとSalesforceからスラックのチャンネルに通知を飛ばせたり、スラックからレコード作成ができたりと、いろいろできることの幅が広がりそうですね。

ちなみに今回は、連携アプリとして「Salesforce for Slack」を使用しましたが、その他にも「Sales Cloud for Slack」や「Service Cloud for Slack」などがあります。

やりたいことに合わせて検討してみてください。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

某SIer勤務。
ITエンジニアです。
日々の学びをつらつらと書いています。
Certified Administrator
Certified Platform DeveloperⅠ
Certified Platform DeveloperⅡ
Certified Sales Cloud Consultant

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次