MENU
Abo
某SIer勤務。
新卒文系からエンジニア就職。
日々の学びをつらつらと書いています。
保有資格:
Salesforce認定アドミニストレーター  
Salesforce認定Platformデベロッパー
Salesforce認定上級Platformデベロッパー
カテゴリー
アーカイブ

【Apex】before insertとafter insertの使いわけ【salesforce】

今回は、「before insertとafter insertの使いわけ」について確認していきます。

まずは、それぞれのトリガの特性を見ていきましょう。

目次

「before insert」と「after insert」の特性

下の表は、「before insert」と「after insert」の特性を示しています。

スクロールできます
起動タイミングtrigger.newの項目値の変更システム情報(Idや作成日時)の使用
before insertDBに保存される前×
after insertDBに保存された後×

before insert とafter insertの違いは「トリガ起動のタイミング」、「 Trigger.newの値の変更」、「システム情報の使用」の3つのポイントに大別することができます。


1つずつ見ていきます。

トリガ起動タイミング

まず、before insert とafter insertの大きな違いは、トリガの起動タイミングです。

before insertトリガは、レコードが新規作成され、DBに保存される前に起動し、afterトリガは、レコードがDBに保存された後(コミットはされていない)に起動します。

順番としては、before insert → レコードのDBへの保存 → after insert、といった感じです。

Trigger.newの値の変更

before insertでは、Trigger.newの値をDBに保存される前に変更することができます

Trigger.newというのは、トリガコンテキスと呼ばれるもので、ここではinsertされたレコードのリストと考えてもらえると理解しやすいと思います。

なぜ、before insertではTrigger.newの値(新しく作成されたレコードの値)を変更できるかというと、レコードがDBに保存される前に実行されるからです。

レコードがDBに保存された後だと、新規作成したレコードにはそれぞれIdが割り振られるため、そのレコードに対して変更を加えるためには、レコードのIdを一度取得する必要があります。

どうせ新規作成したレコードの値を変更するならそんな面倒な処理は省きたいですよね?

そこで面倒なIdの取得をしなくとも、直接insertレコードを変更することができるbefore insertを使用するわけです。

システム情報の利用

after insertは、レコードがDBに保存され、Idや作成者、作成日などが付与された後に起動するため、それらのシステム情報を処理内で利用することが可能です。

それに対しbefore insertは、レコードがDBに保存される前に起動するため、そのレコードのIdや作成日などのシステム情報を利用知ることができません。

なぜならそれらのシステム情報は、DBに保存されることで初めてレコードに付与されるものだからです。

そして、Idが付与されるということは、作成されたレコードを他のオブジェクトの参照/主従関係の項目値として利用することもできるわけです。

また、Idをキーに設定するTrigger.newMapの利用もafter insertでは可能です。

まとめ:before insertとafter insertの使いわけ

さて、ではどんな時にbefore insertを使用して、どんな時にafter insertを使用すればいいのかという話ですが、

ざっくりまとめるとこんな感じになります。

  • 作成したレコードの値を変更(Trigger.newを変更)したい
  • 入力規則のチェックより前に処理を実行したい 
    ⇒ before insert
  • システム情報を利用したい
  • 他のオブジェクトの参照/主従関係項目として利用したい
  • Trigger.newMapを利用したい
    ⇒ after insert
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

某SIer勤務。
新卒文系からエンジニア就職。
日々の学びをつらつらと書いています。
保有資格:Salesforce認定アドミニストレーター
     Salesforce認定Platformデベロッパー
     Salesforce認定上級Platformデベロッパー

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次